学会発表・講演


学会発表(国内)

  • 2011/9/28 “アジア山岳氷河のマルチ安定同位体研究~環境変動と氷河生態系”,同位体環境学シンポジウム,京都

  • 2011/9/20 “アラスカ,グルカナ氷河の表面アルベドと不純物,雪氷藻類群集の過去10年間の変化”,日本雪氷学会,長岡.

  • 2011/5/25 ”天山山脈山岳氷河アイスコアから復元した中央アジアの環境変動”,日本地球惑星科学連合合同大会,幕張

  • 2011/5/26 ”中央アジア天山グリゴレア氷帽アイスコアに記録された12,500年間の酸素安定同位体比の変動”,日本地球惑星科学連合合同大会,幕張

  • 2011/1/18 “北極圏の近年の気候変化が氷河生態系および氷河氷床の生物学的アルベド低下作用に及ぼす影響評価”,北極環境研究の課題と展望,東京

  • 2010/9/27 “パミール・フェドチェンコ氷河,2009年アイスコア掘削調査”,日本雪氷学会,仙台.

  • 2010/5/28 “中国祁連山の山岳アイスコア中の有機物粒子と炭素安定同位体比”,日本地球惑星科学連合合同大会,幕張

  • 2009/10/1 ネパールヒマラヤ,ヤラ氷河の1990年代から2008年代の雪氷生物群集の変化,日本雪氷学会全国大会,札幌市,竹内望,石田依子,口頭

  • 2009/10/1 キルギス天山山脈グリゴレア氷帽のアイスコア中の花粉分析と年代決定,日本雪氷学会全国大会,札幌市,世良俊太郎,竹内望,ほか ,口頭

  • 2009/10/1 アジア・アラスカの山岳氷河上の鉱物粒子および有機物のSr,Nd同位体比,日本雪氷学会全国大会,札幌市,永塚尚子,中野孝教,竹内望,口頭

  • 2009/10/1 Landsat衛星画像を使った中国新彊ウイグル,天山山脈の氷河表面反射率と表面ダストの空間分布の解析,日本雪氷学会全国大会,札幌市,Abake Gulkianati,竹内望,西尾文彦,口頭

  • 2009/9/30 氷河試料中のマツ属花粉1粒づつのDNA分析,日本雪氷学会全国大会,札幌市,中澤文男,植竹淳,陶山佳久,竹内望,藤田耕史,ポスター

  • 2009/9/30 積雪中のクロロフィル(葉緑素)濃度の時間変化と地域比較~上越地方,十日町,北見市,日本雪氷学会全国大会,札幌市,竹内望,横山宏太郎,竹内由香里,亀田貴雄,佐藤和秀,ポスター

  • 2009/9/30 アジアの3つの氷河におけるクリオコナイト粒の比較,日本雪氷学会全国大会,札幌市,西山大陸,竹内望,ポスター

  • 2009/9/30 ロシアアルタイ山脈ベルーハ氷河アイスコア中の気泡に着目した層位解析,日本雪氷学会全国大会,札幌市,岡本祥子,藤田耕史,成田英器,植竹淳,竹内望,ほか,ポスター

  • 2009/9/30 アジアの山岳氷河のアイスコア中に含まれる固体粒子の特性,日本雪氷学会全国大会,札幌市,石田依子,竹内望,ポスター

  • 2009/9/30 富山県立山積雪中のCHl-a濃度の季節変化,日本雪氷学会全国大会,札幌市,長井宏介,竹内望,口頭

  • 2009/9/30 西中国ドゥンデで再掘削されたアイスコアの化学成分の変化,日本雪氷学会全国大会,札幌市,山本知聖,藤田耕史,竹内望,口頭

  • 2009/9/30 衛星画像をつかったグリーンランド氷床裸氷域の不純物分布の解析ースペクトル特性による表面条件の推定ー,日本雪氷学会全国大会,札幌市,伊藤弘樹,竹内望,ほか,ポスター

  • 2009/5/21 アジア・アラスカの山岳氷河表面の不純物のSr, Nd同位体比、日本地球惑星科学連合2009大会、幕張メッセ、千葉市,永塚尚子,竹内望,中野孝教,口頭

  • 2009/5/20 キルギスタングリコレア氷帽から掘削した87mアイスコア、日本地球惑星科学連合2009大会、幕張メッセ、千葉市,竹内望,ほか,口頭

  • 2009/5/20 山岳氷河のアイスコア中に含まれる有機物粒子の特性、日本地球惑星科学連合2009大会、幕張メッセ、千葉市,石田依子,竹内望 ,口頭

  • 2009/5/20 キルギスグリコレア氷河から掘削されたアイスコアの遺伝子解析による古環境復元、日本地球惑星科学連合2009大会、幕張メッセ、千葉市,瀬川高弘,竹内望,ほか ,口頭

  • 2009/5/20 種レベルでの花粉分析を目的とした氷河試料中のマツ属花粉1粒づつのDNA分析、日本地球惑星科学連合2009大会、幕張メッセ、千葉市,中澤文男,竹内望,ほか ,口頭

  • 2008/9/26 キルギスタン・グリゴレア氷帽から掘削した87mアイスコア,日本雪氷学会,東京,口頭

  • 2008/5/ 中国祁連山およびロシアアルタイ山脈のアイスコアから復元した過去100年の風送ダストの年変動, 日本地球惑星科学連合合同大会,幕張,口頭

  • 2007/9/28 雪氷研究者と共同で行う博物館における子どもたちのフィールド活動-伊吹山で赤雪を探そう!,角川咲江,竹内望,日本雪氷学会,富山,口頭

  • 2007/9/28 富山県・立山の融雪期の積雪面における不純物の特性と積雪面アルベド,古川隆朗, 西山大陸, 竹内望,日本雪氷学会,富山,口頭

  • 2007/9/27 伊吹山頂上付近の雪渓の雪氷藻類,竹内望,角川咲江,日本雪氷学会,富山,ポスター

  • 2007/9/27 アジアの氷河表面の汚れ物質のストロンチウム同位体比,永塚尚子,中野孝教,竹内望,日本雪氷学会,富山,ポスター

  • 2007/9/27 中国・天山山脈ウルムチNo.1氷河のアイスコア中の不純物の特性,石田依子, 竹内望,日本雪氷学会,富山,ポスター

  • 2007/9/26 中国天山ウルムチNO.1氷河の表面汚れ物質の特性,竹内望,李忠勤,日本雪氷学会,富山,口頭

  • 2007/9/26 アルタイ山脈ベルーハ氷河におけるアイスコア中の氷層を用いた夏期気温復元,岡本祥子, 藤田耕史,成田英器, 植竹淳,竹内望, 三宅隆之, 中澤文男,日本雪氷学会,富山,口頭

  • 2007/5/22 中国祁連山のアイスコアの分析から明らかになった中国乾燥域の近年の環境変動, 日本地球惑星科学連合合同大会,幕張,口頭

  • 2006/11/21 Spatial distribution and abundance of snow algae on glaciers derived from a satellite image,第29回極域気水圏・生物合同シンポジウム,東京,口頭

  • 2006/11/ 中国祁連山七一氷河の特殊な雪氷藻類群集と高いpH,日本雪氷学会,秋田,口頭

  • 2006/5/17 氷河を解かす雪氷微生物:生物的雪氷面アルベド低下効果の地域比較, 日本地球惑星科学連合合同大会,幕張,口頭

  • 2005/9/28 2002年に掘削した中国ドゥンデ氷帽の51mアイスコアの分析結果, 日本雪氷学会,旭川,ポスター

  • 2005/9/29 衛星画像から求めたアラスカ・ハーディング氷原上の赤雪の分布, 日本雪氷学会,旭川

  • 2005/5/22 アイスコアをつかったアジア高山域氷河の雪氷微生物活動の復元, 日本地球惑星科学連合合同大会,幕張

  • 2004/9/28 アイスコアから得られたヒマラヤの氷河上の過去35年のの微生物活動の変動, 日本雪氷学会,彦根

  • 2004/9/29 アラスカの氷河の雪氷藻類群集の季節変動, 日本雪氷学会,彦根

  • 2003/11 2003年ロシア連邦アルタイ山脈ベルーハ氷河における171mのアイスコア掘削報告,極域汽水圏シンポジウム,東京

  • 2003/10 中国祁連山,七一氷河の表面アルベドと表面汚れ物質の特性, 日本雪氷学会,上越

  • 2002/10 アラスカの氷河における雪氷生物と表面アルベド低下効果, 日本雪氷学会, 山形

  • 2002/3 衛星から見る氷河上の雪氷微生物",日本雪氷学会セッペシャルセッション, 東京

  • 2001/3 Surface albedo reduction of snow and ice by cryo-microbial activity: biological impact on Arctic cryosphere,日本海洋学会,東京

  • 2000/10 パタゴニア南氷原ティンダル氷河の雪氷生物?生物による表面アルベド低下効果と微生物アイスコア分析の可能性について", 日本雪氷学会,加賀

  • 1999/10 雪氷微生物の雪氷面アルベド改変効果ー氷河,雪渓を覆う汚れ物質は,なぜ黒い色をしているのか?, 日本雪氷学会,米子,口頭

  • 1997/12 ヒョウガソコミジンコの氷中生活,日本動物行動学会,京都,ポスター

  • 1997/10 氷河,雪渓上を覆う黒い汚れの生物学的特性, 日本雪氷学会,鶴岡,口頭

  • 1996/10 ネパールヒマラヤのデブリ氷河上に分布する池の特性,日本雪氷学会,北見,ポスター

学会発表(国際)

  • 2012/1/11 “Changes in natural environment of Central Asia reconstructed from mountain ice cores”, Workshop on Toward a Sustainable Society for the Future, Almaty.

  • 2011/8/10 “Asian glacier ecosystems: biological study on Urumqi glacier No. 1”, The Celebrations of 50th Anniversary of Tienshan Glaciological Station & Symposium on Science and Monitoring of Glaciers, Urumqi, China. Invited by Chinese Acadamy of Science.

  • 2010/6/21 “Biogenic impurities in snow and ice and their effect on melting”, Impurities in Snow and Ice (ISI) Workshop, Silverton, Colorado, USA. Invited by NSF funding of Prof. Thomas Painter.

  • 2009/1/31 Reconstruction of Climate and River Discharge in the Last 1000 Years Based on Mountain Ice Core Data in the Central Asia Nozomu Takeuchi, Reconceptualizing Cultural and Environmental Change in Central Asia: An Historical Perspective on the Future, RIHN, Kyoto, Japan.

  • 2008/12/3 Changes of biological community from the 1990s to 2008 on the Yala Glacier, Nepali Himalayas, NIPR Int. Symposium, Tokyo, Japan.

  • 2007/7/12 A distinctive snow algal community on a glacier in the Tienshan Mountains, China., Nozomu Takeuchi, Takahiro Segawa, Li Zhongqin. IUGG, Perugia, Italy.

  • 2007/7/9 Significant Effect of Biogenic Material (cryoconite) on Surface Albedo of Asian Glaciers: -Geographical Comparison of the Amounts of Cryoconite and Surface Albedo of Glaciers. Nozomu Takeuchi, Shiro Kohshima, IUGG, Perugia, Italy.

  • 2006/9/17 Changes in Natural Environment Reconstructed from Ice cores in the Heihe River Basin, International Workshop on humanity and nature in Kharahoto region. Ejina, China.

  • 2005/9/9 A snow algal community on the Akkem Glacier in the Altai Mountains, Russia, IGS International Symposium on High-Elevation Glaciers and Climate Records, Lanzhou, China

  • 2005/4/26 Seasonal Change of a Snow Algal Community on an Alaska Glacier, European Geoscience Union, Vienna, Austria

  • 2004/12/16 Variation of Biological Activity on a Himalayan Glacier Recovered from a Shallow Ice Core, American Geophysical Union, San-Francisco, U.S.A.

  • 2004/4 Microscopic analysis of organic and inorganic dust in a Himalayan ice core, European Geoscience Union, Nice, France

  • 2003/12 Seasonal variation of a snow algal community on an Alaska glacier, American Geophysical Union, San-Francisco, U.S.A.

  • 2003/7 Distribution of cryoconite on the surface of a glacier derived from a Landsat TM image, IUGG, Sapporo, Japan

  • 2002/12 Distribution of cryoconite on the surface of a glacier derived from a Landsat TM image, American Geophysical Union, San-Francisco, U.S.A.

  • 2001/12 Biological albedo reduction of snow and ice on glaciers in Alaska, American Geophysical Union, San-Francisco, U.S.A.

  • 2001/6 Optical characteristics of surface dust (cryoconite) on glaciers: relationship between the light absorbency and property of organic matter contained in the cryoconite., IGS International Symposium on Remote Sensing in Glaciology, Maryland, U.S.A.

  • 2001/5 The altitudinal distribution of snow algae on an Alaska glacier (Gulkana Glacier in the Alaska Range), Eastern Snow Conference, Ottawa, Canada

  • 2000/9 Effect of debris cover on species composition of living organisms in supraglacial lakes on a Himalayan glacier.", International Workshop on Debris-Covered Glaciers, Seattle, U.S.A.

  • 2000/3 Biological characteristics of dark colored material in Canadian High Arctic glaciers, International Symposium on Arctic Environment, Tokyo, Japan

  • 1998/8 Characteristics of Supraglacial Lakes on a Himalayan Debris Covered Glacier, IGS International Symposium on Glaciers and the Glaciated Landscape, Kiruna, Sweden

  • 1995/8 Biological aspect of cryoconite and cryoconite hole of a Spitzbergen Glacier, Svalbard, International Symposium on Arctic Environment, Tokyo, Japan

セミナー,研究会,報告会

  • 2011/9/28 “アジア山岳氷河のマルチ安定同位体研究~環境変動と氷河生態系”,同位体環境学シンポジウム,京都

  • 2011/1/18 “北極圏の近年の気候変化が氷河生態系および氷河氷床の生物学的アルベド低下作用に及ぼす影響評価”,北極環境研究の課題と展望,東京

  • 2009/5/25 氷上の微生物複合体クリオコナイトとは何か?東京大学地球惑星セミナー

  • 2009/5 1990年代から2008年のヤラ氷河の雪氷生物の変化,千葉大

  • 2008/12 ドゥンデアイスコアの話,北大低温研共同研究集会,札幌

  • 2008/11 アイスコアから見る中央アジアの環境変動,イリプロジェクト研究会,京都

  • 2008/10 Glacial Biology, Jgofs, Mainz, Germany

  • 2008/4 中央アジア・天山山脈の氷河と環境史,千葉大地球科学表層セミナー,千葉

  • 2008/3 2007 ウルムチNo.1氷河の表面汚れ物質とアルベド観測,ヒマラヤ研究会,長岡

  • 2008/2 風送ダストと雪氷微生物,風送ダスト研究会,気象研究所,筑波

  • 2008/2 Report on ice core drilling on Grigoriev Ice cap, Kyrgyz Tienshan, 2007, Mountain ice core workshop, Chiba University, Chiba.

  • 2007/12 2007年キルギス天山グリゴレア氷河86mアイスコア掘削報告,北大低温研共同研究集会,札幌

  • 2007/11/20 Charactaeristic of surface dust on Urumqi Glacier No.1, CAREERI, Lanzhou, China, hosted by Dr. Li Zhongqin.

  • 2007/10/20 2007年キルギス天山グリゴレア氷河85mアイスコア掘削報告,地球研イリ河プロジェクト研究集会,京都.

  • 2007/6/1 雪氷生物の雪氷面アルベド低下効果の定量化にむけて,ヒマラヤ研究会,名古屋

  • 2006/9/4 アイスコアに含まれる有機物の炭素安定同位体比からなにがわかるか?,北大低温研共同研究集会,札幌

  • 2006/6/19 オアシスアイスコア(ベルーハ・ドゥンデ)分析状況報告,地球研オアシスプロジェクト研究会,京都

  • 2006/3/6 変化と安定 人はなぜ環境の変化を恐れるのか?,地球研平成17年度インキュベーション研究報告

  • 2006/2/21 中国祁連山ドゥンデ氷帽アイスコアの分析結果,水の安定同位体比研究会,名古屋

  • 2006/1/8 A report on reconnaissance fieldwork on glaciers in Kyrgyz Tienshan Mts., CADIP Meeting, Nagoya

  • 2005/12/22 Qiyi氷河とドゥンデアイスコアの雪氷藻類と有機物CN同位体比,オアシス氷河班研究会,名古屋

  • 2005/10/28 氷河上の雪氷藻類とその雪氷融解の促進効果,北大低温研研究集会ー雪氷の生態学ーアカシボ,アカユキの成因と生物群集,札幌

  • 2005/10/11 Changes in natural environment reconstructed from natural proxies in the Heihe Basin. 3rd International Workshop of the Oasis Project held in RIHN international pre-symposium. Kyoto.

  • 2005/4/22 Glacial biology: study on creatures living on snow and ice, Joint Seminar of Departments of Limnology and Botany, University of Innsbruck, Austria. hosted by Dr. Roland Psenner and Brigit Sattlar.

  • 2005/4/15 Introduction of Glacial-Biology: Results of the recent research and outline of present projects, Center for Ecological Research, Kyoto University, Otsu, Shiga.

  • 2003/1/27 Glacial biology, Alpine Research Seminar program, Universit of Idaho, USA. hosted by Dr. Vladimir Aizen.


[Home]